Biography

biography_main2210.png

1973年、大阪府高槻市出身。
 

第39・41回 全日本学生音楽コンクール西日本大会で第3位、

第42回には同コンクール第2位、霧島国際音楽祭奨励賞を受賞。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
 

クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらのアクロバティックな演奏など、華麗なパフォーマンスで人気を博す。
 

ドラマ「のだめカンタービレ」では、オーケストラの選考、吹き替え演奏、楽曲提供、そしてドラマに役者としてゲスト出演し、一躍注目を集めた。
 

2005年に、EPICレコードよりメジャーデビュー。

2017年には、自身のレーベルを立ち上げ、2021年デビュー15周年を記念して、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて開催された「NAOTO 15th Anniversary Live -The New Black-」のライブDVDを、そして2022年に通算10枚目のCD「Get over it」を発売。
 

他のアーティストからの信頼も厚く、近年では、宇都宮隆、

大黒摩季、世良公則、谷村新司、AI、柚希礼音、押尾コータロー、DEPAPEPEなどと共演。
 

2019年9月にポルノグラフィティのデビュー20周年東京ドーム公演に、シークレットゲストとして出演。SNS上で話題になりTwitterトレンドで世界第1位になる。
 

Shick「ハイドロ5カスタムコンフォート」のスペシャルムービーに出演、250万回再生を突破した。
 

作曲家として、NHK「スタジオパークからこんにちは」を始めとするテレビ番組やたくさんのCM、劇団TEAM NACSの主宰公演の音楽監督を担当。
 

東日本大震災以降、福島県須賀川市の小中学校を定期的に訪問し、その活動が認められ2015年に須賀川市観光牡丹大使に就任。
 

日本スープカレー協会広報宣伝担当理事、カレーマイスターの資格取得、ラジオパーソナリティー、TV朝日系列「関ジャム∞完全燃Show」「マツコの知らない世界」出演など、活動は多種多彩に渡る。
 

ますます進化を続けるNAOTOにさらなる注目が集まっている。